出会い系のセントラル・リーグ

出会い系のセントラル・リーグ
セフレの読売ジャイアンツ
人妻は阪神タイガース
熟女に中日ドラゴンズ
不倫の横浜ベイスターズ
メル友の広島東洋カープ
アダルトの東京ヤクルトスワローズ
無修正の西日本パイレーツ
アダルトビデオの松竹ロビンス
カリビアンコムのセ・リーグオールスター東西対抗
天然むすめのセントラル・リーグ個人タイトル獲得者一覧
ホーム >>

セントラル


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (セリーグ から転送) 移動: ナビゲーション, 検索 この項目では日本プロ野球のセントラル・リーグについて記述しています。
アメリカ合衆国野球独立リーグのセントラルリーグについてはセントラルリーグ (独立リーグ)をご覧ください。
セントラル・リーグ 種類 プロ野球 開始年 1950年 参加チーム 6 国 日本 前回優勝チーム 読売ジャイアンツ セントラル・リーグ(CENTRAL LEAGUE)は、日本のプロ野球リーグのひとつ。
正式名称はセントラル野球連盟。
セ・リーグと呼称される。

沿革


沿革
1949年、新チーム加盟の是非をめぐり日本野球連盟が分裂し、加盟反対派の読売ジャイアンツ(巨人)、松竹ロビンス、中日ドラゴンズ(一時期(1951年〜53年)は地元企業である名鉄(名古屋鉄道)が共同での球団経営に参加したため名古屋ドラゴンズを名乗っていた。
)を中心に、大阪タイガース(現・阪神タイガース)、新球団の大洋ホエールズ(現・不倫の横浜ベイスターズ)、広島カープ(現・広島東洋カープ)、西日本パイレーツを加えた計7球団でセントラル野球連盟が発足。
翌1950年1月には国鉄スワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)も加盟し、8球団に。
1951年シーズン開始直前、西日本パイレーツがパ・リーグの西鉄クリッパースと合併し脱退。
さらに、1952年シーズン終了後には大洋ホエールズが松竹ロビンスを吸収する形で合併し、6球団に。
以降、親会社ならびにチーム名の変更こそあるものの、チーム数そのものの増減はなく、現在に至っている。
[編集] 加盟球団 セントラル・リーグの加盟球団と成績 球団名 優勝回数 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 読売ジャイアンツ 30 7527 4199 3093 235 .576 中日ドラゴンズ 7 7529 3839 3443 247 .527 阪神タイガース 5 7539 3674 3636 229 .503 広島東洋カープ 6 7526 3455 3777 294 .478 東京ヤクルトスワローズ 6 7526 3396 3877 253 .467 不倫の横浜ベイスターズ 2 7527 3282 3997 248 .451 1950年から2006年まで。
2006年現在の加盟球団のみ。
[編集] 加盟球団とその変遷 (注)太字は現在の加盟球団。
1リーグ時代の名称は省略 [編集] 現存する加盟球団 読売ジャイアンツ(1947-) 大阪タイガース(1947-60)→阪神タイガース(1961-) 中日ドラゴンズ(1947-50)→名古屋ドラゴンズ(1951-53)→中日ドラゴンズ(1954-) 大洋ホエールズ(1950-52)→大洋松竹ロビンス(1953-54)→大洋ホエールズ(1955-77)→横浜大洋ホエールズ(1978-92)→不倫の横浜ベイスターズ(1993-) 広島カープ(1950-67)→広島東洋カープ(1968-) 国鉄スワローズ(1950-1965途中)→サンケイスワローズ(1965途中-1965閉幕)→サンケイアトムズ(1966-68)→アトムズ(1969)→ヤクルトアトムズ(1970-73)→ヤクルトスワローズ(1974-2005)→東京ヤクルトスワローズ(2006-) [編集] 過去に存在した加盟球団 西日本パイレーツ(1950)→西鉄ライオンズ(パシフィック・リーグ・西鉄クリッパースと合併) 松竹ロビンス(1950−52)→大洋松竹ロビンス(大洋ホエールズと合併)

試合方式
放送開始・終了 試合方式 [編集] 総当り回数 1950-1952年 20回 1953-1962年 26回 130試合 1963-1965年 28回 140試合 1966-1996年 26回 130試合 1997-2000年 27回(*1) 135試合 2001-2004年 28回 140試合 2005-2006年 22回 + 対パ・リーグ6チーム6回(交流試合) 146試合 2007年-    24回 + 対パ・リーグ6チーム4回(交流試合) 144試合 ※1952年のフランチャイズ(ホームタウン)制度が採用後はホーム・アンド・アウェー方式で、原則それぞれ半分ずつの試合を行う。
(*1)1997年-2000年は総当りが奇数回となるため、対戦カードのどちらか一方がホームゲームを1試合多い14試合を行う形だった。
上記が規定上の対戦回数であるが、諸事情により公式戦を一部中止した年度がある。
1950年 日本シリーズの日程関係のため一部試合を中止。
1951年 広島カープが存続問題から第一節(3月29日-4月6日)の参加を見送り。
この期間の対広島戦中止。
また、同年10月20日より予定されていた日米野球の日程関係のため同月9日でペナントレースを打ち切り。
1953年 10月17日より開催のアメリカメジャーリーグ遠征チームとの交流試合のため、一部の試合を残してペナントレースを打ち切り。
2004年 プロ野球ストライキの関係で一部の試合を中止。
引き分け再試合制度実施年:1962年、66-68年、90-2000年 引き分けを0.5勝扱いで勝率計算した年:1956-60年 [編集] 回数・時間制限 年 内容 1950、1951年 シングルの場合は回数・時間制限なし。
(デーゲームの場合日没まで続けた) ダブルヘッダー(以下ダブルと略す)の第1試合は延長戦は原則として12回。
但しナイトゲーム(薄暮開催含む)は9回まで 1952-1954年5月24日まで シングル、ダブルとも原則として勝敗が決するまで時間・回数無制限だが、ナイトゲームは深夜24時を過ぎて次のイニングに入らない 1954年5月25日〜同年の閉幕まで デーゲームで開催のシングルの場合は時間・回数制限なし(日没まで。
以後1973年まで同じ) ダブル第1試合は延長12回まで(回数制限は1962年まで同じ)、ナイトゲームは22:30まで 1955-1958年 ナイトゲームは22:15まで 1959-1962年 ナイトゲームは22:30まで(時間制限は1963年も同じ) 1963年 ダブル第1試合は延長13回まで 1964、1965年 ダブル第1試合は延長12回まで ナイトゲームは22:15まで(時間制限は1967年まで同じ) 1966、1967年 ダブル第1試合は延長11回まで 1968-1970年 ダブル第1試合は延長12回まで ナイトゲームは22:20まで 1971年 ダブル第1試合は延長12回まで ナイトゲームは原則として試合開始時刻から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない。
但し19時以降開始の場合は経過時間に関わらず22:20を過ぎて次のイニングに入らない(但し9回を満たさずに時間が来た場合であっても、9回までは必ず試合する 時間制限は1973年まで同じ) 1972-1973年 ダブル第1試合は延長11回まで 1974-1982年 ダブル第1試合については9回まで(回数制限は1987年まで同じ) その他の試合(ダブル第2試合含む)は試合開始から3時間を過ぎて次のイニングに入らない。
但し19時以降は経過時間に関わらず22時を過ぎて次のイニングに入らない(但し9回を満たさずに時間が来た場合であっても、9回までは必ず試合する) 1983-1987年 ダブル第1試合以外は開始時刻に関わらず試合開始から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない(但し9回を満たさずに時間が来た場合であっても、9回までは必ず試合する) 1988、1989年 延長戦は12回まで。
(但しダブル第1試合については9回までで打ち切り)時間制限なし 1990-2000年 延長15回まで、時間制限なし 2001年- 延長12回まで、時間制限なし [編集] 順位の決め方 2000年以前は勝率順で決めており、勝率が同率でシーズンが終了した場合のみ、プレーオフで優勝を決めることとなっていた。
2001年は例外的に勝ち星の多い順で順位を決定していた。
ただし、勝ち星1位と勝率1位のチームが異なった場合は3戦2勝制のプレーオフを行い優勝を決定する。
2002年からは再び勝率順に変更された。
ただし、勝率3位以内に勝ち星1位のチームが別にいた場合、3戦2勝制のプレーオフで優勝を決定する。
この制度は2006年まで続いた。
2007年からはクライマックスシリーズの導入により、以下の制度となった。
(クライマックスシリーズの結果にかかわらず、レギュラーシーズンの順位がリーグ確定順位となる) 1.レギュラーシーズンの勝率 2.1が同率の場合、勝利数の多いチームが上位 3.2も同じ場合、当該球団間の直接対戦で勝率が高い順 4.3も同率の場合、前年度順位の上位 プレーオフ制度についての詳細はプレーオフ制度(日本プロ野球)・セントラル・リーグの項参照。
  

年度別順位
年度別順位 金地は日本一 年 1位 (優勝監督) 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 1950 松竹 98勝35敗4分 (小西得郎) 中日 89勝44敗4分 巨人 82勝54敗4分 阪神 70勝67敗3分 大洋 69勝68敗3分 西日本 50勝83敗3分 国鉄 42勝94敗2分 広島 41勝96敗1分 1951 巨人 79勝29敗6分 (水原茂) 名古屋 62勝48敗3分 阪神 62勝51敗3分 松竹 53勝57敗5分 国鉄 46勝59敗2分 大洋 40勝64敗4分け 広島 32勝64敗3分 1952 巨人 83勝37敗 (水原茂) 阪神 79勝40敗1分 名古屋 75勝43敗2分 大洋 58勝62敗 国鉄 50勝70敗 広島 37勝80敗3分 松竹 34勝84敗2分 1953 巨人 87勝37敗1分 (水原茂) 阪神 74勝56敗 名古屋 70勝57敗3分 広島 53勝75敗2分 洋松 52勝75敗1分 国鉄 45勝79敗1分 1954 中日 (天知俊一) 巨人 阪神 広島 国鉄 洋松 1955 巨人 (水原茂) 中日 阪神 広島 国鉄 大洋 1956 巨人 (水原茂) 阪神 中日 国鉄 広島 大洋 1957 巨人 (水原茂) 阪神 中日 国鉄 広島 大洋 1958 巨人 (水原茂) 阪神 中日 国鉄 広島 大洋 1959 ※1 巨人 (水原茂) 阪神・中日 (同率2位) 国鉄 広島 大洋 1960 大洋 (三原脩) 巨人 阪神 広島 中日 国鉄 1961 巨人 (川上哲治) 中日 国鉄 阪神 広島 大洋 1962 阪神 (藤本定義) 大洋 中日 巨人 広島 国鉄 1963 巨人 (川上哲治) 中日 阪神 国鉄 大洋 広島 1964 阪神 (藤本定義) 大洋 巨人 広島 国鉄 中日 1965 巨人 (川上哲治) 中日 阪神 大洋 広島 サンケイ 1966 巨人 (川上哲治) 中日 阪神 広島 大洋・サンケイ (同率5位) 1967 巨人 (川上哲治) 中日 阪神 大洋 サンケイ 広島 1968 巨人 (川上哲治) 阪神 広島 サンケイ 大洋 中日 1969 巨人 (川上哲治) 阪神 大洋 中日 アトムズ 広島 1970 巨人 (川上哲治) 阪神 大洋 広島 中日 ヤクルト 1971 巨人 (川上哲治) 中日 大洋 広島 阪神 ヤクルト 1972 巨人 (川上哲治) 阪神 中日 ヤクルト 大洋 広島 1973 巨人 (川上哲治) 阪神 中日 ヤクルト 大洋 広島 1974 中日 (与那嶺要) 巨人 ヤクルト 阪神 大洋 広島 1975 広島 (古葉竹識) 中日 阪神 ヤクルト 大洋 巨人 1976 巨人 (長嶋茂雄) 阪神 広島 中日 ヤクルト 大洋 1977 巨人 (長嶋茂雄) ヤクルト 中日 阪神 広島 大洋 1978 ヤクルト (広岡達朗) 巨人 広島 大洋 中日 阪神 1979 広島 (古葉竹識) 大洋 中日 阪神 巨人 ヤクルト 1980 広島 (古葉竹識) ヤクルト 巨人 大洋 阪神 中日 1981 巨人 (藤田元司) 広島 阪神 ヤクルト 中日 大洋 1982 中日 (近藤貞雄) 巨人 阪神 広島 大洋 ヤクルト 1983 巨人 (藤田元司) 広島 大洋 阪神 中日 ヤクルト 1984 広島 (古葉竹識) 中日 巨人 阪神 ヤクルト 大洋 1985 阪神 (吉田義男) 広島 巨人 大洋 中日 ヤクルト 1986 広島 (阿南準郎) 巨人 阪神 大洋 中日 ヤクルト 1987 巨人 (王貞治) 中日 広島 ヤクルト 大洋 阪神 1988 中日 (星野仙一) 巨人 広島 大洋 ヤクルト 阪神 1989 巨人 (藤田元司) 広島 中日 ヤクルト 阪神 大洋 1990 巨人 (藤田元司) 広島 大洋 中日 ヤクルト 阪神 1991 広島 (山本浩二) 中日 ヤクルト 巨人 大洋 阪神 1992 ヤクルト (野村克也) 巨人・阪神 (同率2位) 広島 大洋 中日 1993 ヤクルト (野村克也) 中日 巨人 阪神 横浜 広島 1994 巨人 70勝60敗 (長嶋茂雄) 中日 69勝61敗 広島 66勝64敗 ヤクルト・阪神 (同率4位) 62勝68敗 横浜 61勝69敗 1995 ヤクルト 82勝48敗 (野村克也) 広島 74勝56敗1分 巨人 72勝58敗1分 横浜 66勝64敗 中日 50勝80敗 阪神 46勝84敗 1996 巨人 77勝53敗 (長嶋茂雄) 中日 72勝58敗 広島 71勝59敗 ヤクルト 61勝69敗 横浜 55勝75敗 阪神 54勝76敗 1997 ヤクルト 83勝52敗2分 (野村克也) 横浜 72勝63敗 広島 66勝69敗 巨人 63勝72敗 阪神 62勝73敗1分 中日 59勝76敗1分 1998 横浜 79勝56敗1分 (権藤博) 中日 75勝60敗1分 巨人 73勝62敗 ヤクルト 66勝69敗 広島 60勝75敗 阪神 52勝83敗 1999 中日 (星野仙一) 81勝54敗 巨人 75勝60敗 横浜 71勝64敗 ヤクルト 66勝69敗 広島 57勝78敗 阪神 55勝80敗 2000 巨人 78勝57敗 (長嶋茂雄) 中日 70勝65敗 横浜 69勝66敗1分 ヤクルト 66勝69敗1分 広島 65勝70敗1分 阪神 57勝78敗1分 2001 ※2 ヤクルト 76勝58敗6分 (若松勉) 巨人 75勝63敗2分 横浜 69勝67敗4分 広島 68勝65敗7分 中日 62勝74敗4分 阪神 57勝80敗3分 2002 巨人 86勝52敗2分 (原辰徳) ヤクルト 74勝62敗4分 中日 69勝66敗5分 阪神 66勝70敗4分 広島 64勝72敗4分 横浜 49勝86敗5分 2003 阪神 87勝51敗2分 (星野仙一) 中日 73勝66敗1分 巨人・ヤクルト (同率3位) 71勝66敗3分 広島 67勝71敗2分 横浜 45勝94敗1分 2004 中日 79勝56敗3分 (落合博満) ヤクルト 72勝64敗2分 巨人 71勝64敗3分 阪神 66勝70敗2分 広島 60勝77敗1分 横浜 59勝76敗3分 2005 阪神 87勝54敗5分 (岡田彰布) 中日 79勝66敗1分 横浜 69勝70敗7分 ヤクルト 71勝73敗2分 巨人 62勝80敗4分 広島 58勝84敗4分 2006 中日 87勝54敗5分 (落合博満) 阪神 84勝58敗4分け ヤクルト 70勝73敗3分 巨人 65勝79敗2分 広島 62勝79敗5分 横浜 58勝84敗4分 2007 巨人 80勝63敗1分 (原辰徳) 中日 78勝64敗2分 阪神 74勝66敗4分 横浜 71勝72敗1分 広島 60勝82敗2分 ヤクルト 60勝84敗 ※1 1959年の阪神と中日は同率の2位で、この年は引き分け(0.5勝+0.5敗)を勝率に含めていた(引き分けを勝率に含めなかった場合、2位は阪神、3位は中日となっていた)。
※2 2001年の3位は横浜、4位は広島で、この年は勝率ではなく勝利数で順位を決めていた(勝率に関しては3位は広島、4位は横浜となっていた)。
※3 2007年からはクライマックスシリーズが導入され、2007年は2位の中日が巨人に勝利してクライマックスシリーズに出場。
日本シリーズでも日本ハムを破り日本一に輝いた。
(レギュラーシーズン1位の球団が優勝とみなされるのであくまでもセ・リーグ優勝は巨人である) [編集] 2007年以降の日本シリーズ出場チーム 2007年 中日ドラゴンズ(リーグ2位・日本一)

セントラル・リーグ3球団以上に所属した人たち
スタジオ セントラル・リーグ3球団以上に所属した人たち パシフィック・リーグ在籍経験がない人のみ。
監督・二軍監督・コーチの経験も含む。
※50音順 池田英俊 宇野雅美 大野雄次 片岡光宏 加茂川重治 桑田武 小谷正勝 原伸次 平田薫 広澤克実 松原誠 山田真介 この節は執筆中です。
加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
[編集] 関連項目 セントラル・リーグ個人タイトル獲得者一覧 パシフィック・リーグ 六つの星(連盟の公認テーマソング) JCB・MEP賞 セ・リーグオールスター東西対抗 [編集] 外部リンク CENTRAL LEAGUE OFFICIAL WEB SITE

その他項目

関連項目

  • 読売ジャイアンツ
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 不倫の横浜ベイスターズ

Yahoo!検索

無料のレンタルサーバー fizby.net